ずいけい
まごころに生きる  


真如会 紀野一義
人間の暗さ、絶望、憂うつ、空しさ、あるいは、不遇・冷遇にうちひしがれている状態から救い出すことばがある。それは人の口からいわれたとしても、実は天から来たのである。天から、仏から来たのでなくてはどうして人の心を動かしたりできよう。
いつの年であったか真如会(しんにょえ)の鎌倉結集(けつじゅう)の閉会式のときに、わたしは何気なく最後に「どうも、ありがとう」と一言いった。
▲紀野一義先生
なんでもなくいったのである。ところが、参加者の感想文の一節にこういう文句があってどっきりとした。
「閉会式のとき、紀野先生が『どうも、ありがとう』といわれて合掌されました。私も合掌し頭を下げたら、目と頭と胸と咽喉まで急にいっぱいになり、頭が上げられなくなってしまいました。発音器官外から発せられた本当のことばというものを初めて聞くことができたのだと思います。あの時のあの場の、『どうも、ありがとう』は、忘れろといわれても忘れることができません。胸の奥の方に、もうしっかりと刻みつけられています。私はすばらしいプレゼントをいただきました。死ぬまでこっそり持って行ってしまいそうないただきもの・・・。私も一度でいいから、遠い遠いかなたから来たような、あのことばをできるだけ多くの人にお返ししてから死にたい」
これは、ある大学に学んでいる二十二歳のお嬢さんの書いたものである。わたしのいった「どうも、ありがとう」がこれほどの感銘を与えたとすれば、そのことばは実は、仏さまから来たのであろう。
池上、本門寺(ほんもんじ)の例会にはこの頃若い人たちがふえてきたが、いつも人にかくれたところで奉仕しているあるお嬢さんはいつも「どうもありがとうございます」と最後に必ずいう。わたしはその澄んだきれいな声がたいへん好きである。時々めんどうな仕事を、しかも時間ぎりで頼んだりすることがあるが、いつも先を越されて「ありがとうございます」といわれてしまう。いわなくてはならぬのはこちらの方なのである。
この「ありがとうございます」を、わたしは天来の声だと思っている。人をしてかかる声で人に呼びかけしむものがたしかにおられるのである。その声に呼ばれて、人は立つのである。

真如会(しんにょえ)紀野一義(きのかずよし)先生が主宰される、仏教などの教えにしたがい、神仏を敬い、深く、重く、奥行きのある人間性を大切にして生きる仏教の会です。

最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相−ただ仏と仏とのみ−
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.