ずいけい
まごころに生きる  


奈良東大寺の後方、300メートルのところに、正倉院という一画があります。奈良時代には、大切なものを納めておく倉を正倉(しようそう)といい、正倉のある一画を塀で囲ったものを「正倉院」と呼びました。当時、南都七大寺にはそれぞれ正倉院が存在しましたが、時代が下るにつれ消失し、東大寺正倉院の正倉一棟だけが残り、正倉院は東大寺の正倉院宝庫をさす固有名詞となりました。現在、この東大寺の木造校倉造(あぜくらづくり)りの倉庫を、正倉院正倉といい、世界遺産にも登録されています。
正倉の大きさは、南北に長い一棟の建物で、幅33メートル、奥行き11メートル、高さ14メートル、床下2.7メートルの高床式(たかゆかしき)の建物です。校倉造(あぜくらづくり)といわれるように、大きな三画材を交互に組み合わせて作られています。当初、この宝庫には世界的にもすばらしい数々の宝物が納められていましたが、現在は、火災など災害に備えて、鉄筋コンクリート造りの東西両宝庫を建築し、ここに宝物が納められています。
東大寺正倉院の始まりは、天平勝宝8年(756)、聖武天皇(しようむてんのう)崩御(ほうぎよ)され、その四十九日にあたる6月21日、聖武天皇の皇后であった光明皇太后(こうみようこうたいごう)が、聖武天皇ゆかりの遺品を東大寺の盧舎那仏(るしやなぶつ)(大仏さま)に献納(けんのう)さ、ご冥福を祈られたことによります。遺品の数は600件以上で、目録の『国家珍宝帳(こつかちんぽうちよう)』とともに納められました。この時、病気で苦しむ者の救済に用いるよう、薬類60種も献納されています。その後も光明皇太后により、4回にわたりさまざまな品が献納され、この5回分の献納目録5通が現在に伝わっており『東大寺献物帳(けんもつちよう)』と総称されています。これらの献納品は正倉に納められ、天皇の署名入りの紙を鍵に巻き付けて施錠する「勅封(ちよくふう)」によって厳重に管理されてきました。
また、光明皇太后の献納品意外にも、東大寺の大仏開眼(だいぶつかいげん)などの法要儀式などに使われた仏具・法衣、あるいは東大寺に献納された美術品、他に帳簿などの文書類、作業用の衣服、実用品など、奈良時代にシルクロードにより古代中国をはじめ遠く西アジアさらにヨーロッパ大陸から伝わった貴重な宝物など約9000件が納められています。正倉院は、正にシルクロードの終着駅なのです。
▲東大寺大仏殿 ▲正倉院正倉

◆正倉院展
昭和21年(1946)奈良国立博物館で第1回が開催されました。その後、毎年開かれており、期間中通常非公開の宝物が70点あまり展示公開されています。正倉院の宝物は、約9000点に上るので、代表的な宝物を見るだけでも数十年の見学が必要になります。毎年10月下旬から11月中旬かけて開催され、20万人の人が見学されます。

◆正倉院の楽器
正倉院には、23種100点余りの楽器が収蔵されています。その中には、聖武天皇ご遺愛のものや、東大寺大仏開眼などでの法要儀式に使用されたものなどがあります。これらの楽器は、古代楽器のコレクションとしては、世界的にみても他に類例のない、貴重な音楽史上の遺産となっています。現在ではすでに消滅したものもあり、正倉院のものが世界唯一の場合も多くあります。また、その装飾の見事さも注目されます。当時の珍財を贅沢に使い、工芸技術の粋を集めて豪華な装飾を施したものが多く保存されています。
毎年秋に開催される正倉院展においても、楽器はとくに人気があり、多くの観覧者の関心を集めています。

螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんごげんのびわ)
世界唯一とされる古代の五弦琵琶(現在の琵琶は四弦)。『国家珍宝帳(こつかちんぽうちよう)』に記載された由緒のある名器で、精巧な螺鈿細工(らでんさいく)が施され美術工芸品としての価値も高い。古代インドからシルクロードを経て、中国から日本へと渡来した。
▲奈良時代の衣装 ▲五弦琵琶 表 ▲五弦琵琶 裏

甘竹簫(かんちくしよう)
西洋のパンパイプと同類の楽器。日本へは奈良時代までに中国より伝来した。この(しよう)は、(しん)の時代(紀元前221~207年)にはすでに存在していたとの記録があり、古く歴史のある楽器。
甘竹簫(かんちくしょう)






最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相-ただ仏と仏とのみ-
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.