ずいけい
まごころに生きる  


4月8日。全国の寺院では、お釈迦さまのお誕生をお祝いする花まつりの法会、「降誕会(ごうたんえ)」が修行されます。当山では、花の咲く季節となる5月15日に、毎年「花まつり」が修行されます。

「はなさかじいさん」という日本昔話を憶えておられますか。
おばあさんが川で洗濯をしていると子犬が流されてきます。おじいさんとおばあさんは、『しろ』と名付け、子どものようにかわいがり育てました。ある日、裏の畑で「ここほれワンワン」しろがほえます。すると、大判小判がザクザク出てきます。
それを見ていた隣の欲張りじいさん。しろを借りていきますが、出てきたのはガラクタばかり。怒ったじいさんは、しろをたたきます。かわいそうに、しろは死んでしまいました。しろの埋められた跡には大きな木が育ち、やさしいおじいさんは、その木で臼をつくり、しろを思い出しながらお餅をつきました。すると今度は、臼から大判小判があふれてきます。
これを知った隣のじいさんも、臼を借りて餅をつきました。けれども、出てきたのはゴミやガラクタばかり。怒った欲張りじいさんは、臼を割ると燃やしてしまいます。やさしいおじいさんは、涙をこぼしながら灰をざるに集めます。「しろや。天国でしあわせになるんだよ。」
おじいさんは、木に登って灰を一つかみまきました。すると、どうしたことでしょう。枯れ木に花が咲きました。みるみるあたりはきれいな花でいっぱいにそまりました。
 
私は子どもの頃、このお話を聞いて、灰をまくとどうして枯れ木に花が咲くのか不思議に思ったことを思い出します。
ところで、昔から日本人は、灰を大切にし、日頃の生活に利用してきました。灰は今でも、自然染色の媒染(ばいせん)、陶芸の釉薬(ゆうやく)、畑の肥料、傷口の消毒、お酒の醸造、漂白など様々に用いられています。ここ北国でも、いまちょうど春の山菜の季節を迎えていますが、竹の子やわらびなどの山菜のあく抜きにはこの灰が欠かせません。
ともすると私たちは、「灰になるとすべてがおしまい」「灰になると何にもなくなる」と思いこんでしまいがちですが、燃えつきて形が消えても、残った灰によって、またそこから色々なものが形を変え再生するということも知らなければなりません。つまりそれは、すべての世界は一つのところやものにとどまることがなく常に循環していくということでしょう。
命ももちろんそうです。ですからしろの命は、大きな木に宿り臼となり、その臼が灰になっても、また形を変えてきれいな満開のお花として生まれ変わっていったのです。
「はなさかじいさん」は、命は形を変え受け継がれていくことを、すべての世界は循環していくことを伝えていたのです。





最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相-ただ仏と仏とのみ-
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.