ずいけい
まごころに生きる  



いま、仏像ブームだそうです。そういえば、女性雑誌などでも、仏像の特集をよく見かけるようになりました。特に若い方に仏像をお参りされる方が多いと聞きます。また、去年は、興福寺の阿修羅像が東京国立博物館で公開されましたが、ものすごい人気で、祝日は、なんと入場するのに3時間待ちというニュースもありました。

人は、仏さまによって救われるということがあります。この仏像ブームは、現代の世相を反映して、最後は仏さまにお願いしようと、救いを求める方が多くなったということかもしれません。
さて、私の尊敬する真如会(しんによえ)紀野一義(きのかずよし)先生も、仏さまに悲しみをお救いいただいたお一人です。その先生のお話を、ここにご紹介いたします。
大悲(だいひ)如意輪(によいりん)
真如会主幹 紀野一義
ひとにはそれぞれ忘れることのできない仏さまがあるという。私にとつてのそれは、中宮寺(ちゆうぐうじ)如意輪観音(によいりんかんのん)である。
昭和十九年の冬、私が松戸の陸軍工兵学校を卒業して見習士官に任官し、戦地に赴くのを待っていた時、広島にいた母がたったひとりで、ひょっこり面会に来てくれたのであった。
母に会うことができたその夜、私は、別れた時の母の笑顔がだれかの顔に似ていたことが気にかかってなかなか眠れなかったが、ふとひらめ閃くように、中宮寺の如意輪観音にそっくりだったことに思い至った。
それはまさしく慟哭(どうこく)の寸前の微笑みであった。母は本当は、心の中で泣いていたのだ。それが私には微笑みに見えたのだった。世の母は、わが子と永遠の別れをする時に皆、中宮寺の如意輪観音のような微笑みを浮かべるのであろう。それは「大悲(だいひ)の微笑」であった。母はあの時、観世音菩薩そのものであったのだ。
私はその後、もう一度だけ母の観世音菩薩の微笑みを見た。それは出征する朝のことである。
母は玄関の右の隅に軍刀を抱いて立っていた。長靴(ちようか)をはいて母の前に行き、軍刀に手を伸ばしたが母は離さない。そうであろう、離した時がこの世の別れとなるのである。私は心の中で「離してくれぇ、離してくれぇ」と祈るように念じた。母はやっと思い切ったのであろう。軍刀を私の胸に押しつけるようにして、「それじゃ…体を大事にしてね…」と、つぶやくように言い、ほほえんだ。その寂しげな、そして不思議に明るい微笑みは、中宮寺の観音さまにそっくりで、私は立ちすくんだまま動けなくなった。そして「母は死ぬ」と閃くように思った。死ぬのは私である筈なのに、そう思ったのである。
この微笑した顔が、私に見せてくれた最後の顔になった。
この日から八ヶ月後の、昭和二〇年八月六日の朝、広島に原子爆弾が投下され、母は私の軍刀を押しつけたその場所で死んだ。
私にとってはこの仏さまは母そのものである。よって私は、終戦七ヶ月もたってやっと日本に帰り、広島の原爆で父母姉妹を喪って一文無しになり、岡山県の山奥の津山市の貧乏寺にいた姉を頼って居候となり、孤独と寂寥(せきりよう)に堪えられなくなって中宮寺の如意輪さまのもとに突っ走り、その足許にひれ伏して二時間も泣き続けたのだった。
以来、五十七年、私は今でも中宮寺の如意輪観音を拝む時、どうしても母の面影と重なってしまう。仏さまには申し訳ないと思うものの、どうしてもそうなってしまうのは、是非に及ばぬ仕儀(しぎ)である。
紀野先生は、東京大学の印度哲学科の学生の時、学徒動員で南方の戦地へ向かい、そして台湾で終戦を迎えられました。その後復員されますが、広島の生まれ育ったお寺も、ご両親も姉と妹も、すべて原爆により失われます。そうして、打ちひしがれた思いで奈良のお寺を巡り、その悲しみを救い取ってくださったのが、中宮寺の観音さまであったといいます。
私は、先生のご講演や著書の中で何度もこのお話をお聞きし、読ませていただき、そのたびに涙が止まらなくなります。
当山のご本尊さまも、手をお合わせいただいた方の、悲しみ苦しみをお救いくださる仏さまであってほしいと願い、中宮寺の観音さまにモデルとなっていただきました。そして、平成十五年の六月、再建されたご本堂にお出ましいただいたのが、現在のご本尊弥勒菩薩さまなのです。
合掌
▲中宮寺如意輪観音さま ▲当山弥勒菩薩さま

最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相−ただ仏と仏とのみ−
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.