ずいけい
まごころに生きる  


早くも一年が経過してしまった。
あの日から僕の中で、一日たりとも福島のことを忘れた日はない。悪夢のような一連の出来事。それは一年前の過去のことではなく現在未来へ延々と続く、神の強烈な警告ではなかったか。その警告が全日本人、全人類に果たして本当に届いたのか。当時は興奮し叫んだ人々があの頃の真摯な反省を忘れ、早くもあれ以前の金儲けの日常へと、臆面もなく戻りつつありはしないか。
当時の新聞を読み返すと、一面に次のような言葉達が踊る。
安全確保・物心両面・国の総力・自主的避難・心のケア・隠蔽・政治のスピード・雇用不安・丁寧な説明。そして「負けない」「希望」「開拓精神」「絆」。
今、全国紙と地元地方紙の記事に、明らかな重点の温度差が出ている。地元は、今なお事件の中におり、中央は微妙に事件を風化させ、減関心へと風向きを変えている。
神の警告は果たしてそんなに軽いものなのか。
倉本 聡


あの震災以来、私はずっと福島のことが気にかかっていました。事故を起こした福島第一原発は、大量の放射能漏れを起こしました。世界を震撼(しんかん)させる最悪の大事故となりました。あれから一年半が過ぎようとしています。 
いったい、メルトダウンした核燃料はどうなってしまったのでしょうか。放射能は今も海中に地中に空中に漏れづけているのでしょうか。東電や政府による正確な情報は我々には知らされないままです。 
また、福島県だけではなく周辺の県や町や村の放射線量、その地域でとれる魚や野菜などの食品、また飲料水などに含まれる放射線量はどうなっているのでしょう。政府は、安全だとはいいながらも詳しい数値などはほとんど発表されていません。私たちは何を基準に安全を判断すればよいのでしょうか。

さて私は、今年の6月末に友人の渡辺祥文(しょうぶん)さんを頼り、福島を訪ねました。福島市の南に曹洞宗長秀院様がありす。ご住職の渡辺祥文さんとは、駒澤大学時代の同級生で、ご本山永平寺でも一緒に修行した同学同期の朋友です。
本来雨がうっとうしい時期なのですが、ちょうど梅雨の中休みで、福島市の空はどこまでも碧く澄みわたっていました。
お寺に到着し座敷にお通しいただき、お茶をごちそうになっていると、「ここでは、みんなこれを持っていて常に放射線量を計ってます」といって、彼は二つの線量計を座卓の上にポンと置き、スイッチを入れました。数値はどんどん上がり、線量計は、0.14マイクロシーベルト/hを示しました。普通の平常値は、0.03~0.05ですから、ざっと3から5倍の値です。そして、彼はガラス戸越しに庭を眺めながら「草が伸びてきたんだけれど、外はこの10倍くらいあるので、被爆してしまうからなかなか草むしりができないんですよ」といわれました。
そして、お寺から10㎞ほど隣の飯舘村(いいだてむら)までご案内いただきました。この村は原発から35㎞ほど離れているのですが、いまは全村避難となり全く人が住んでいません。
悲劇は3月15日に起きました。2号機で建屋が爆発し、大量の放射線が風にとばされ、ちょうどこのあたりで雨と雪と一緒に降り注いだのです。何も知らされない村人たちは、雨や雪に濡れるのもかまわず、避難所の交通整理をしたり、食料や毛布を運んだり、炊き出しをしていたといいます。
それから1ヶ月以上もたった4月22日、政府の「全村避難」が決定されました。村の人は唖然(あぜん)としました。それまで汚染された土地に住み、汚染された水でお茶を沸かして飲み、煮炊きをしていたのです。
山村ののどかな景色を見ながら村道を抜けると、車は飯舘村役場に着きました。もちろんあたりには人気がまったくありません。途中、道の両脇のいまは耕作されていない、畑や水田には雑草だけが生い茂っていました。人がいなくなり閑散とした村役場の広場には、24時間放射線を表示している大きな線量掲示板が設置され、刻々と変わる数字が村の放射線量を映し出していました。事故後、役場の周り500メートル四方を除線したということですが、掲示板には0.76という数字が示されています、約20倍の線量です。途中、祥文さんが「除線していないところを計ってみましょう」といって車を降りて道端の数値を計ると、なんと3.5という数字が表示され、同時に線量計からは、ピーピーピーという甲高(かんだか)い退避警告音が鳴りだしました。この数値は平常の100倍に当たります。一年間ここに住み続けると、国が定めた年間被爆限度の30倍もの放射線量で被爆してしまう値です。
別れ際、祥文さんは「福島の現状を見に来てくれてありがとう。本当は原発は安定なんかしていないんですよ。この数値がいまの福島の現実なのです」といわれました。
地図上には県境に線が引いてありますが、現実にはもちろん線も壁もありません。大地はどこまでも一つであり、海も世界に繋がっています。そして、空の風はどこまでも吹いていきます。
ともすると、私たちは「福島は」と、まるで人ごとのように考えてしまいがちです。
でも、線量を計りながら実際に福島を歩いてみて、「これは絵空事ではなく現実なんだ。そして、他人事ではなく自分自身の問題なのだ」ということを、強く感じました。
私たちは、「神の警告」を決して忘れてはならないのです。

▲長秀院様 ▲線量計 ▲ここから飯舘村
▲無人 ▲飯舘役場 ▲役場の線量計
▲100倍の放射線量



最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相-ただ仏と仏とのみ-
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.