ずいけい
まごころに生きる  


奈良東大寺の「お水取り」は、関西に春を告げる行事として知られています。この度ご縁をいただき、その法会(ほうえ)に参列することができました。

東大寺二月堂で行われるお水取りは、「修二会(しゆにえ)」とも呼ばれます。これは、現在では三月一日から十四日まで二週間行われていますが、もとは旧暦の二月一日から行われていました。二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりました。また、二月堂の名もこのことに由来しています。
「修二会」の法会は、正式には「十一面悔過(じゆういちめんけか)」といいます。悔過(けか)とは、自らの(あやま)ちを()い改め懺悔(ざんげ)するという意味で、二月堂ご本尊の十一面観音さまに、東大寺の僧侶が人々に代わって懺悔(ざんげ)の行法をおつとめし、天下太平(てんかたいへい)五穀豊穣(ごこくほうじよう)万民快楽(ばんみんけらく)のご加護を祈る法会です。
この法会の行を行う僧侶を、「練行衆(れんぎようしゆう)」といい、特に選ばれた十一名の僧侶が、二週間のあいだお()もりをして、六時(ろくじ)勤行(ごんぎよう)(昼夜六回にわたるお勤め)をはじめ、法華懺法(ほつけせんぼう)数取懺悔(かずとりさんげ)・走り行道(ぎようどう)達陀(だつたん)実忠忌(じつちゆうき)などさまざまな行事や行法を行います。
この行法の一つに「お水取り」があります。お水取りは、三月十二日の真夜中に、二月堂脇の「若狭井(わかさい)」という井戸からお水を汲む行事です。
このお水は、加持(かじ)の行法により、より霊力を増した「お香水(こうずい)」となります。このお香水を観音さまにお供えし、ご加護を祈願いたします。
また、この行法は真夜中に行われるため、行を行う練行衆の道明かり(行灯(あんどん))として松明(たいまつ)に火がともされます。
現在では、「おたいまつ」といわれる大きな松明がお堂の回廊を巡って、欄干から突き出され、ごろごろと回転されます。松明は勢いよく燃え上がり、火の粉を舞い散らします。毎年テレビで放映される、あの壮大な火の演出となっています。
このため、修二会は「お水取り」・「お松明(たいまつ)」とも呼ばれるようになりました。
 
さて、東大寺の修二会と福井県小浜市(おばまし)は、深いつながりがあります。
それは、「お水取り」で汲み上げられるお水は、福井県小浜市若狭(わかさ)神宮寺(じんぐうじ)から「お水送り」で送られたお水であるからです。
これには一つの伝説があります。
それは、修二会は東大寺の開山良弁僧正(ろうべんそうじよう)高弟(こうてい)で、新羅(しらぎ)より渡来した実忠和尚(じつちゆうかしよう)により始められました。今から千二百五十年余り前の天平勝宝四年(752)のことです。そのとき、実忠和尚は全国の神々をこの法会に招きましたが、若狭(わかさ)の国の神様である遠敷明神(おにゆうみようじん)が、魚釣りをしていて、この法会に遅刻してしまいます。
遠敷明神(おにゆうみようじん)は、遅れたお詫びに、二月堂のそばに香水を出して献上する約束をします。
神宮寺の先には「()()」という清流があります。この洞穴(ほらあな)から黒白二羽の()が地中にもぐり、東大寺二月堂の脇から飛び出し、その穴から湧き水が吹き出したといいます。この井戸が、お水取りの「若狭井(わかさい)」となったといわれています。
神宮寺では、毎年三月二日鵜の瀬で「お水送り」を行います。そのお水は十日間かけて奈良まで届くと伝えられているのです。

私が参列させていただいた三月十四日は、午後六時半にお松明が連続して十本上りました。長さが七メートルほどある根がついた竹竿に直径一メートルの頭部に火が灯され、お堂を登っていきます。そして、大勢の参詣者が見守る中、欄干から松明が突き出されます。お堂はうなるような歓声に包まれ、興奮が高まり、壮大な火の演出に酔いしれました。その後、法要は堂内に移ります。ご加護を願う回向文(えこうもん)の作法などがあり、内陣(ないじん)では結願(けちがん)(法要の終了)作法が行われていきます。作法がすべて終わるころには真夜中となっていました。
このお水取りは、千二百五十年もの長い期間、一度も絶えることがなかったといわれます。国家の無事を祈る東大寺の僧侶の熱い思いと、それをささえた奈良の信仰の篤さに心を打たれました。
●東大寺 華厳宗。開山良弁(ろうべん)。728年、聖武天皇が亡くなった皇太子の菩提を弔うため建立。752年、大仏開眼。お水取りは、良弁の弟子実忠(じつちゆう)が始める。754年、東大寺にて鑑真和上(がんじんわじよう)が日本で初めて授戒(じゆかい)をする。
▲大仏殿 ▲二月堂 ▲大勢の参詣
▲お松明 ▲おたいまつ ▲若狭井の鵜
※写真をクリックすると大きく表示されます。

最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相−ただ仏と仏とのみ−
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.