ずいけい
まごころに生きる  


お釈迦さまの前世の物語「ジャータカ」には、お釈迦さまがブッダとなられる前に何生(なんしよう)もの間、菩薩として善行を積まれたお話しが収められています。
この中に、手塚治虫の「ブッダ」にも登場する、ウサギのお話しがあります。このウサギは、お釈迦さまがまだ菩薩として修行していた、前生(ぜんしよう)の時の姿とされています。

むかし、深い森に一匹のウサギがすんでいました。ウサギには、カワウソとキツネとサルの友だちがいました。ウサギはいつもみんなにこういっていました。
「困っている人がいたら助けてあげなくてはいけない。食べ物がほしいという人には、自分の食べ物を分けてあげよう」
ある日のこと、一人の旅の僧がやってきました。よろよろとして、ひどく弱っているようです。心配して四匹の動物たちはかけよりました。
「どうしましたか」
「わたしは、もう何日も食べていないのです。なにか食べ物を施してくれませんか」
四匹は、急いで食べ物をとりにでかけました。
カワウソは、しまっておいた魚を持ってきました。
「さあ、これを食べてください。おいしいお魚です」
キツネは、とっておきの肉を持ってきました。
「召しあがれ、元気がでます」
サルは、木の上のマンゴーの実をとってきました。
「さあ、甘くておいしい果物を食べてください」
一方、ウサギは季節がら自分の食べ物さえなく困っている時でした。必死にあちこち食べ物をさがすのですが、どうしても見つかりません。途方に暮れてもどってきたウサギは旅の僧にいいました。
「お願いがあります。どうか薪を集めて火をおこしてください」
いわれるままに、旅の僧は火をおこしました。するとウサギは、
「わたしにはあなたにさし上げる食べ物はなにもありません。どうか、焼けたわたしの体を食べてください!」
そういって、真っ赤な火の中に飛びこんだのです。
ところが、ふしぎなことに火は少しも熱くありません。その時です、旅の僧はみるみるうちに、帝釈天(たいしやくてん)(仏教の守護神)の姿となりました。
「ウサギよ。わたしはおまえが日ごろいっている施しの心が本当かどうか試していたのだ。だが、おまえの気持ちに偽りはなかった。そのやさしい心と行いが世界に広まるように、月におまえの姿を(しる)そう」
帝釈天は、そういって天界に帰っていきました。
その夜、四匹の動物たちは山の上に集まりました。
「ウサギさん。お月さまの中にあなたとよく似たウサギがいるよ」
「あれはね、わたしの心が映っているんだ。この心が真実ならば、お月さまは明るく輝き、わたしが悪い心をおこしたならば暗くなるんだ」
みんなは、笑っていいました。
「今夜のお月さまはとっても明るいね」

 
先日、北星学園大学で行われた、飯田史彦(いいだふみひこ)さんの講演会に行ってきました。飯田史彦さんは、経営心理学者、カウンセラー、音楽療法家で、京都に無償でカウンセリングを行う「光の学校」を設立し、社会奉仕活動をされています。
飯田史彦さんは、福島大学の教授であった、43歳の時に臨死体験されます。2005年12月28日に脳溢血で倒れ救急搬送された時のことです。そこで脳に100ccの大量出血が発見され、緊急手術を受けられます。
「ふと気が付くと、私は、自分の体を見下ろしていました。同時に家族や友人、そしてあらゆる存在とつながっていることに気づき、深い感謝の念がわいてきました。次の瞬間、私は、自分が光になって、どんどんまぶしく輝いていくのを感じ、気がつくと、この物質世界とはまったく違う、どこか別の世界へと移動していました」
その世界は、おだやかで崇高な美しさに満ちた、究極の光だったといいます。そして飯田史彦さんはその光と、会話をしたのだそうです。
飯「あなたは…?」
光「あなたの仲間…同士です」
飯「人として人生を生きると はどういうことなのでしょうか?」
光「人生とは、自分の成長のために、自分なりの学びを積むことです。それが、世の中のために生きることにつながるのです。そして魂は、何度もこの光の世界から物質世界へと生まれ変わっていくのです」
飯「学びと成長のために?」
光「そうです。さまざまな肉体を取り替えながら、異なる人生を経験し魂は成長するのです」
飯「すべての死には意味があるのですか?」
光「死には、そのすべてに、貴重な意味があります」
飯「ありがとうございました」 
この不思議な死後の世界を体験している間に、手術は無事成功し、飯田史彦さんは、またこの世界に戻られました。彼がこの臨死体験でわかったことは、「人間の本質は、肉体を越えて存在する魂であるということです」といわれます。人は肉体的死を体験すると、魂として自分の体から離れ、下に横たわる自分の身体を見て、次元の境界を通りぬけ、「究極の光」という、物質を持たない意識だけの世界に移動するのだということです。そして、魂は、その光の世界とこの世を何度も行き来します。
人には、生まれてこなければ経験できない貴重な学びの機会があるからこそ生まれてくるのであり、人生には「病気」や「人間関係」や「老い」や「死」という苦しみもあります。その「思い通りにならないこと」を通じて学ぶことこそが、人間として生きる目的や意義や意味なのだということです。





最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相-ただ仏と仏とのみ-
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.