ずいけい
まごころに生きる  


ー生きがいの意味ー
みなさまは、「生きがい」とはどういうものだとお考えでしょうか。
「あなたの生きがいは?」と聞かれて仕事といわれる方、あるいは愛する家族といわれる方もいるでしょう。または、趣味という方もいるかもしれません。しかし、よく考えてみると、これらは自分に生きがいをもたらしてくれる「ものごと(・・・・)」であって、本来「生きがい」は、自分の外からもたらされるものではなく、あくまでも「前向きに生きたい」と願う、自らの心があるかないかが問題であるといえます。
カウンセラーの飯田史彦(いいだふみひこ)先生は、生きがいの定義を次のようにいわれています。「生きがいとは、自分という人間の存在価値から生じる、『より価値のある人生を創造しようとする意志』のことをいう。」
つまり、「生きがい」とは、「より、意義のある人生にしていこうとする思い(・・)」のことであるといわれます。
あらためて、「自分に生きがいをもたらしてくれる、ものごとは何だろうか」と考えてみても、はっきりと特定できません。さまざまなものが混在していて、明言できないのです。

ー生きがいを持つ人生観ー
では、生きがいを持って前向きに生きる人生観とはどういうものでしょうか。それは、「自分は、宇宙の法則のもとで生きており、人生で生じるあらゆる出来事には、必ず深い意味や理由がある」という思考方法で生きるということです。
具体的には、自分はよほどの理由があって、この宇宙に存在し、地球に人間として生まれた。よほどの理由があって、この場所この時代に生まれた。よほどの理由があって、両親のもとに生まれ育った。よほどの理由があって、結婚し子どもが生まれた。よほどの理由があって、事故や病気になった。よほどの理由があって、あの時、あのような出来事にあった・・・。
このような考え方で生きていくと、「人生には、自分を成長させるためにいろいろな試練が用意されているが、本質的な失敗や挫折や不幸は存在しない」というふうに理解できます。そして、あらゆる出来事や人間関係には深い意味があることを理解し、前向きな生活を送ることができるようになります。
 
このようなことから、「生きがい」ということばが、何か特定のものごとを指すのではなく、「あらゆるものごとに対して前向きに取り組もうとする思い」を指しているのだといえるでしょう。
お釈迦さまが開かれた、仏教が説いてきたのは、まさに、宇宙の法則や、人生の深遠な仕組みについての解釈です。「私たちはさまざまな宇宙の法則のもとで生かされており、人生で生じるあらゆる出来事には、深い意味や理由があるのです」という教えです。

ーこれでいいのだー 
人は、物質的な豊かさを追求する見方をいったん止めて、「人間の本質は精神である」ということを理解することで、今までとはまったく違う価値観が生まれます。
飯田史彦先生はいわれます。「人間が、なかなか思い通りにならないこの物質世界に生まれてくる理由は、『思い通りにならない』こそが、この物質世界が生み出す価値の(みなもと)なのです。私たちは『思い通りにならない』という現実の中で、苦悩しながら生き、時おり出会う『願いがかなうという喜び』をいかに正しく味わい、感謝するかということを、日々の生活で学んでいるのではないでしょうか。この物質世界で人間として生きる妙味(みようみ)を味わうために、自分の意志で、生まれてくることを選んだのです。」
生きがいとは、人生において起こるさまざまなできごとを、いかに肯定的に受けとめ、それを糧に学んでいくかということです。
法華経(ほけきよう)というお経も「絶対肯定」という世界を説いています。たとえ人生にどんな試練があったとしても、「これでいいのです」と受けとめる心が大切であると説くのです。
今年も、「これでいいのだ」と納得できる一年を過ごしたいものです。 


ー天才バカボンパパの生き方ー  
•自分は自分でいいのだ。
•あなたはあなたでいいのだ。
•ありのままの自分でいいのだ。
•ありのままのあなたでいいのだ。
•すべては今のままでいいのだ。
どんなにトンデモナイこと(失敗、挫折、事件、事故)が起きても、人生の途上で起きることには全て意味があるのだから、全てを受け入れる、という意味での「これでいいのだ!」である。

赤塚不二夫


▲青梅市 赤塚不二夫会館

▲トキワ荘時代
▲赤塚不二夫




最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相-ただ仏と仏とのみ-
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.