ずいけい
まごころに生きる  


中国唐の時代に、百丈禅師(ひゃくじょうぜんじ)というすばらしい禅僧がいました。また、その門下に潙山(いさん)香厳(きようげん)というすぐれたお弟子がいました。潙山(いさん)は牛の生まれ変わりといわれ、のっそりとした大物でした。香厳(きようげん)は秀才で、頭もよく切れ、よく勉強もしました。
丈禅師(ひやくじようぜんじ)が亡くなられても、潙山(いさん)はいささかも動じません。かえって立派になったほどです。ところが香厳(きようげん)の方は、師を失ってからどうしていいのかわからなくなります。そこで兄弟子の潙山(いさん)のところへやってきて、弟子にしてほしいとたのみます。
潙山(いさん)は即座にことわります。どうしてもと言うので、問題を出します。答えられたら弟子にしてやるというわけです。それが「父母未生已然(ぶもみしよういぜん)(なんじ)いかん」。おまえが父と母とから生まれてくる以前のおまえは何であったか、というものです。
(きよう)(げん)は答えられません。これは、知性以前の問題だからです。これまで勉強してきた知識を総動員して考えてみますが、まったく手のつけようがありません。ついに香厳(きようげん)は「画餅(がびよう)()えを(みた)さず」と嘆き、山を下りていきます。
画に描いた餅では飢えを充たすことはできない。今までの勉強はみんな実地に即していない、観念の遊びであったということです。それでは、生身の人間の飢えを充たすことはできない、というのです。このことばは(ことわざ)になり、今も使われています。

ところが、道元禅師(どうげんぜんじ)さまは、この月並みな解釈に異を唱えられます。
道元さまは『正法眼蔵(しようぼうげんぞう)画餅(がびよう)』の中で、画に描いた餅でなくては、飢えを充たすことはできないのだと主張されます。
ただまさに尽界尽法(じんかいじんぽう)画図(がと)なるがゆえに、人法(にんぽう)は画より現じ、仏祖(ぶつそ)は画より(じよう)ずるなり。しかあればすなわち画餅(がびよう)にあらざれば充飢(じゆうき)(やく)なし、画飢(がき)にあらざれば(にん)相逢(あいおう)せず、画充(がじゆう)にあらざれば力量(りきりよう)あらざるなり。
(あらゆる世界、あらゆる存在は、画かれた絵であるから人も物事も絵として現れるのであり、仏祖(ぶつそ)も絵によって生まれるのである。したがって、画に描いた餅でなければ、飢えを充たす(くすり)はなく。画に描いた飢えでなければ、真実の自己に()うことはできない。画に描いて充たすことでなければ、さとりにいたる力はない)
 
道元さまは、すべての世界は()()いた(もち)であるといわれます。絵に描いた餅から真理が生まれ、仏さまも生まれるのだというのです。この道元さまのいわれる画餅(がびよう)とは「イメージ」ということでしょう。「真実の思い」ということです。
画家はまずイメージを抱き、そのイメージを画に描き出します。彫刻家も、建築家も、企業家も、政治家も、そしてわれわれ自身もみな同じです。イメージがなくてはなにものも生み出すことができないのです。
また、「飢え」というのは、人間の根源的な欲求のことです。人間として生まれてきた以上、何かをやりとげたい。それをやりとげてはじめて、人間として生きたという充足感が得られます、その欲求が「飢え」であるというのです。
私たちは「イメージ」がなければ、何もできないのであり、本当にやりたいことがなくては「飢え」も知らないことになります。飢えを知らなければ、画家にもなれず、真の人間にもなれません。「飢えを持ち、イメージを抱いて生きたい」と、道元さまはいわれるのです。





最新記事へ



●令和元年8月号 祈りと量子力学
●令和元年5月号 一休禅師とシャーリー・マクレーン
●平成31年3月号 『浴司』よくす
●平成31年1月号 夢と意識
●平成30年10月号 『而今』にこん
●平成30年8月号 懐奘さまのまごころ 孝順心
●平成30年5月号 唯仏与仏
●平成30年3月号 彗星探索家 木内鶴彦さん
●平成30年1月号 金子みすゞの世界
●平成29年10月号 お地蔵さま
●平成29年8月号 お盆
●平成29年5月号 諸法実相-ただ仏と仏とのみ-
●平成29年3月号 即心是仏
●平成29年1月号 はじまりはひとつ
●平成28年10月号 ホセ・ムヒカの生き方と言葉
●平成28年8月号 1/4の奇跡
●平成28年6月号 いのちをむすぶ ー佐藤初女さん
●平成28年3月号 般若心経
●平成28年1月号 生きがい
●平成27年10月号 死後の世界(その二)
●平成27年8月号 死後の世界
●平成27年5月号 ダライ・ラマ十四世法王
●平成27年3月号 正倉院ーシルクロードの終着駅ー
●平成27年1月号 三帰礼文ー三宝を敬うお唱えー
●平成26年10月号 「般若心経」色即是空・空即是色
●平成26年8月号  ハス
●平成26年5月号 観音さま
●平成26年3月号 無情説法
●平成26年1月号 石田徹也
●平成25年10月号 食 じき
●平成25年8月号 GOMA
●平成25年5月号 宮沢賢治ー菩薩の道を行くー
●平成25年3月号 東日本大震災 三回忌追悼
●平成25年1月号 新年あけましておめでとうございます
●平成24年10月号 宇宙の始まり
●平成24年8月号 ふくしま
●平成24年5月号 花まつり
●平成24年3月号 画餅 -絵に描いた餅-
●平成24年1月号 いま・ここを大切に生きる
●平成23年10月号 大自然から学ぶ
●平成23年8月号 暑中お見舞い申し上げます
●平成23年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成23年3月号 「奇跡のリンゴ」
●平成23年1月号 「すべてはこころ」
●平成22年8月号 自発的治癒力
●平成22年8月号 地蔵盆
●平成22年8月号 奇跡のリンゴ
●平成22年5月号 お水取り
●平成22年3月号 仏さまに救われて
●平成22年2月号 号外 真如の表紙
●平成22年1月号 新年のごあいさつ
●平成21年10月号 浄国寺御開山
●平成21年5月号 花まつり
●平成21年3月号 お彼岸
●平成21年3月号 チェンジ-変革
●平成20年10月号 あいさつ
●平成20年8月号 天来の呼び声
●平成19年8月号 釈迦八相
●平成19年5月号 花まつりーお釈迦さまの誕生日
●平成17年10月号 イサム・ノグチとモエレ沼公園

Copyright (C) 2009 joukoku-ji.jp. All Rights Reserved.